雇用保険加入の役員の扱い

雇用保険加入に関する説明の中には「役員は」とか「役員だから」という言葉はありません。雇用保険加入はあなたが役員だから出来ませんでは話がここで終わってしまいます。雇用保険加入が出来るか出来ないか、その当たりの詳しいことは役員と呼ばれているあなたご自身で調べてください。つまり、雇用保険加入を役員と呼ばれる人たちは出来ない、ということなってしまいます。もちろん、雇用保険加入による保険金を払うことになります。雇用保険加入は、やはり法律だから例外事項が当然あり、役員と呼ばれる人たちも救済される方法があります。

雇用保険加入の要件を満たしているなら役員というよりは一般の雇用される者としての立場で雇用保険加入が出来る、いや加入しないといけなという事です。雇用保険加入ができたなら、その先は一般の雇用される者と同じ扱いという事になります。一般の雇用される者と同じ扱いになっています。雇用保険加入は失業しても生活費を心配せず仕事を探しなさいというための制度です。雇用保険加入をしていれば失業しても安心、ということで一般的には雇用される者(労働者)を保護するための制度になっています。

雇用保険加入要件で言う雇用される者とは給料を貰う人のことであって、所謂ヒラ社員から部長クラスの人達を指し、雇用保険加入が強制的に行われ保険金を払わなければいけません。但し要件を満たせばですが。そうすれば、失業したとしても雇用保険加入をしていましたから失業給付金を貰うことが出来ます。役員に関する雇用保険加入についてサイトやブログにはたくさん載っているので、調べてみるとよいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。