雇用保険加入のパートの取り扱い

雇用保険加入はパートでも可能なことがあります。自分は社員じゃないパートだから関係ないなんて思って雇用保険加入を諦めていませんか。もちろん働く側も雇用保険加入が義務付けられています。社員やパートなどの呼び方が問題ではなく、雇用保険加入の対象者であるならば、パートといえども全員が加入しなければならない義務となります。保険料を払うときはもったいないと思っても、失業したときには雇用保険加入しておいてよかったと感じるはずです。雇用保険加入はパートの方々にとっても強い味方なのです。

パートの働き方が雇用保険加入の対象になるかどうかの判断基準は、サイトやブログに載っているので調べてみるといいでしょう。雇用保険加入は労働者全員の加入が義務づけられていますが、パートタイマーという働き方についてはそれなりの条件があるようです。雇用保険加入をしたいが自分の働き方はパートだから無理と決め付けて諦めることはないのです。仕方ないのですが、雇用保険加入をして保険金を毎月払う、そのお金が失業給付金という形で戻ってくる、そう考えればいいじゃないですか。会社の雇用担当者に相談し、できるだけ雇用保険に加入しておいたほうがいいと思います。

雇用保険加入の条件はパートでどのような働き方をしているか、あなたの雇用形態で決められます。あなたの働き方がパートだから雇用保険加入ができないといった規定のされ方はしていないのです。雇用保険加入の要件と失業給付金を貰うための要件を満たしていることが前提になります。雇用保険加入をするのはちょっと面倒、それに保険金を払うのはいやだと思っているあなた。法律は平等という前提なのでしょうか、雇用保険加入において社員とパートをはっきり区別していないように思えます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。