住宅ローン減税と住民税

住宅ローン減税と住民税は一体どのような仕組みで成り立っているのでしょうか。住宅ローン減税と住民税が新たに手を組む事によって、去年より減ってしまった減税分を調整してくれるのは嬉しいですね。住宅ローン減税は所得税から控除されるのですが、ここに何か落とし穴的なものが広がっていそうです。気をつけたいのは、住宅ローン減税にも当然のように上限額は存在します。

住宅ローン減税の計算は何だか急にややこしくて頭が痛くなってきそうですが、住宅ローン減税を最大限活かすために欠かせないプロセスと言えるので、しっかり学んでおきたいところです。地方分権という大きな狙いで施行された税源移譲ですが、これが住宅ローン減税と関係のある所得税と住民税に大きな影響をもたらしているようです。平成19年から税源移譲がスタートしましたが、これが住宅ローン減税と住民税の関係を語る上で重要なキーワードになってきます。

住宅ローン減税は所得税と大きな関係がありますが、ここが注目したい点になります。しかし、所得税が大きく関わっている住宅ローン減税で何故、住民税までもが取りざたされるのでしょうか。住宅ローン減税に関する条項をしっかりと把握し、住民税との関わり合いもバッチリにして、無駄なく減税して貰いましょう。簡単に言うと、住宅ローン減税は色々な調査をした結果、払うように決められた所得税から減額される分になります。どの程度、どんな場合に減っちゃうの、質問は尽きないかと思いますが、住宅ローン減税について詳しくは、サイトやブログを調べてみる事をお勧めします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。