アサヒのビールサーバー

ビールサーバーには、その用途や、環境によって様々な種類が存在します。
一言でビールサーバーと言っても、業務用の電気の力で瞬間的に冷やすものからビールサーバー自体が生樽を冷やす冷蔵庫のようなものになっているなど、多種多様となります。
一見して同じものと思われるかもしれませんが、実はビールサーバーに用いる樽ビールと片手でグイグイ飲める缶ビールとでは性質が異なるのです。
有名なところで言えば、アサヒがビールサーバー用に生樽を売り出していますね。
さて、缶ビール用ビールサーバーの話でしたね。

アサヒなどの企業では、時々懸賞商品としてビールサーバーをプレゼントする事があります。
樽ではなく缶ビールを使うビールサーバーとは、一体どのような物なのでしょうか。
缶ビールをもう既に完成されたビールと表現すれば、樽ビールはビールサーバーを通して初めて完成するビールとでも言いましょうか。
ブログやサイトから、それらビールサーバーの情報を手に入れることができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。