破産宣告者の制約されること


また破産宣告者は、裁判所の許可がない限り、勝手に居住地を変えることができなくなってしまいます。
破産宣告者の生活で一番、辛いことは生活の場が裁判所に決められてしまうことや、郵便物や電報を監視されること、経済的な信用を失うことです。

破産宣告者は確かに借金を返済することは免れますが、その代償もかなり大きく、経済的な信用も失います。
ですからまさしく破産宣告者は、借金の返済と引き換えに、経済的信用を一切失い、ローンを組んで大きな買い物をすることは不可能になります。
また破産宣告者は、ローンを組むこともできなくなってしまいますから、たとえば事故を起こして自動車を失って買い直そうにも難しくなります。
そのために居住する土地から離れて心機一転することもできませんし、仕事を失う場合もあり、プライベートもはく奪されるのが破産宣告者なのです。
破産宣告を受けられて、莫大な借金から逃れられたとしても、その代償はあまりにも大きく、普通に生活するのもやっとになってしまいます。破産宣告を受けた者は、選挙権や被選挙権を失うことはありませんが、法律上さまざまな制限を受けることになります
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。