自己破産宣告の注意点


自己破産宣告を受けるためには裁判所に行かなくてはなりませんが、同時破産廃止も一緒に行う場合は1回だけ行けば済んでしまいます。
しかし借りたお金は必ず返すのが社会のルールですし、本来ならば借金をする場合、自分がどれくらいで返済できるかを計算しないと、自己破産宣告をする羽目になります。
そのため自己破産宣告をするにもお金がかなりかかってしまうのですが、費用が用意できない場合は財団法人法律扶助協会に相談して解決する場合もあります。破産宣告の中には、自分から申し出て行う自己破産宣告がありますが、これは債権者からのものではなく、債務者自らが行わなければなりません。
とはいえ、貸した消費者金融やクレジット会社にとっては、回収できるはずの資金が回収されなくなるわけですから、自己破産宣告を行われるのは避けたいものだそうです。
最近はクレジットカード社会になり、この自己破産宣告を申し立てる債務者が増えているそうです。
その自己破産宣告を意外と簡単に考えている人も多く、消費者金融やクレジット会社の経営にかなりの影響を与えているようです。
自己破産宣告をしなければならないほど、借金をしてしまった原因はクレジットカードや消費者金融の融資の査定が甘いせいもあるでしょう

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。