養老保険の解約とデメリット


遅ればせながら、これから少しずつブログやサイトを見ながら養老保険についての勉強をしたいと思っています。
従って、積立年金に入るとしたら、今の養老保険を解約して、ある程度一括で積立年金に加入するという形になります。
養老保険にはそうした病気やけがに対する保障がありますが、ただの積立には何のメリットもありません。
でも、もう1回か2回位入院したら、養老保険の方が得になるような気もするんですよね。
ただ、この前、事故で入院した時に養老保険から1日いくらかの保険金が降りて、有難かったのは確かです。養老保険について、と言うか、養老保険の解約について関心を持っています。

養老保険を掛けていると言っても、自分の場合は6年ほど前に一時払いで入った養老保険をそのまま維持しているだけです。
だから、当然この養老保険をそのまま残しておいて、別に新たに勧められている積立年金に入るのがベストはベストです。
親が入って暮れた養老保険だっただけに、これまで自分では何も考えていなかったような気がします。
自分的には別に今のまま養老保険で十分だとは思うのですが…。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。